クリスマス前のラ・ルーチェ

年少、年中児のクリスマス会が終わり、来週は年長児のクリスマス会を迎えます。

クリスマス会では、イエス様のご降誕『聖劇』を行います。

宗教の部屋、ラ・ルーチェでは、朝、昼食後、降園前などに行き、さまざまな活動をお仕事として行い神様のことを知っていきます。

ろうそくに火を灯し、みんなでアベマリアのロザリオの祈りをしている子たち、

こちらでは、『はかせたちのさんび』のジオラマを動かしながら、聖書の言葉を読んでいます。

この子は、『マリアへのてんしのおつげ』の場面を読んでいます。

本を読んでいる子もいます。

この時期は、ラ・ルーチェの部屋に大きな馬小屋のジオラマが出ています。

子どもたちはジオラマを動かしながら、2千年前の出来事に思いを巡らせているのでしょう。

1月3日が『主の公現』と言い、主がお生まれになった事が、公に知らされた日になり、1月10日のイエス様が洗礼を受けられた『主の洗礼』までがクリスマスと言われています。

それまで、幼稚園でも、馬小屋を見る事ができます。